DQは8つのデジタルに関する領域で構成されています:アイデンティティ、使用、安全、セキュリティ、感情知性、コミュニケーション、リテラシー、著作権。それぞれの領域は、デジタルシティズンシップ、デジタルクリエイティビティ、デジタルアントレプレナーシップの3つに分かれています。

私たちが教えていること:8つのデジタルシティズンシップスキル

DQ教育プログラムの第一段階は、子どもたちにデジタルシティズンシップスキルを備えてもらうことにフォーカスしています。なぜなら、子どもたちが活発にデジタルメディアやデジタル端末を使い始めたとき、彼らにはデジタル世界に飛び込むための準備が必要だからです。小学校時代や中学校時代は、子どもたちがSNSを頻繁に使い始め、ネット上のリスクにも直面する時です。

この年代の子どもたちは、社会的に受け入れられることも求め始めるため、非常に脆弱でもあります。彼らは正しいことと間違っていることについての感覚を把握し始めると同時に、自分のアイデンティティを模索する人生という旅のスタートラインに立ったところであり、子どもたちにとって重要な成長過程にあります。

Source: DQ Institute

子どもの頃のインターネット上での幸福とサイバーセキュリティに関する学術的調査に基づき、私たちは子どもたちにとって必要不可欠な8つのデジタルシティズンシップスキルを定義しました。