DQ(デジタルインテリジェンス)とは

インターネット活用を前提とした児童生徒の健全な市民育成支援

DQと聞いてもあまりイメージが湧かない人が多いはずです。DQとは簡単に言ってしまえば、IQのデジタル版のことです。DQを学習することで、ネット上のリスクを最小化し、チャンスを最大化することができます。またDQは世界基準であるため、日本国内だけでなく全世界での比較も可能な共通言語になります。

DQとは大きく3つのステップで構成されており、第一段階は、子どもたちにデジタルシティズンシップスキルを備えてもらうことにフォーカスしています。なぜなら、子どもたちが活発にデジタルメディアやデジタル端末を使い始めたとき、彼らにはデジタル世界に飛び込むための準備が必要だからです。小学校時代や中学校時代は、子どもたちがSNSを頻繁に使い始め、ネット上のリスクにも直面する時です。

この年代の子どもたちは、社会的に受け入れられることも求め始めるため、非常に脆弱でもあります。彼らは正しいことと間違っていることについての感覚を把握し始めると同時に、自分のアイデンティティを模索する人生という旅のスタートラインに立ったところであり、子どもたちにとって重要な成長過程にあります。

デジタルシティズンシップ
デジタル社会に参画する態度を身につける段階。
例)スクリーンタイム、サイバーセキュリティなどへの理解

デジタルクリエイティビティ
実際にテクノロジーを使いアイディアを形にしていく段階。
例)プログラミング など

デジタルコンペティティブネス
デジタルクリエイティビティで培ったスキルをいかしてグローバルな課題を解決していく段階。
例)遠隔医療、スマートシティなど


私たちが教えていること:8つのデジタルシティズンシップスキル

デジタルシティズンシップは大きく8つのスキルから構成されます。
これらのスキルは、こどもたちが豊かなデジタルライフを送っていくための基礎となり、デジタル世界で生きる全ての人々に必要不可欠です。

Source: DQ Institute

子どもの頃のインターネット上での幸福とサイバーセキュリティに関する学術的調査に基づき、私たちは子どもたちにとって必要不可欠な8つのデジタルシティズンシップスキルを定義しました。

スクリーンタイムの扱い
仕事や勉強以外で画面を見ている時間を指し、オンラインゲームやソーシャルメディアを、自制心を持って管理する能力

ネットいじめの扱い
ネットじめの状況を検知し、それらに賢く対処する能力

サイバーセキュリティの扱い
強力なパスワードを使うことで自身のデータを守り、様々なサイバー攻撃を管理する能力

デジタル共感力
オンラインにて、自他のニーズや感情に対して共感を示す能力

デジタルフットプリントの扱い
デジタル世界の性質やそれらの現実世界での帰結を理解し、責任を持ってそれらを管理する能力

クリティカルシンキング
オンラインにて、情報が真実か虚偽か、コンテンツが有害化か無害か、人とのつながりが信頼できるものか怪しいものなのか、区別する能力

プライバシーの扱い
自信や他人のプライバシーを守るために、オンラインに共有される全ての個人情報を分別を持って管理する能力

デジタル市民のアイデンティティ
オンラインとオフラインにて、健全なアイデンティティを誠実に構築・管理する能力