教育機関向けサービス

Cyber Felixは、DQを通じてネット上の脅威から子どもたちを守ります

DQ World

デジタルシティズンシップを高めるための約10時間分のオンライン学習教材です。
1人1台 PC 時代に必須な素養を身につけさせます。


DQ World 法人向けサービス

DQ レポート 2 種類

DQ School レポート
DQ World を学習した学校に発行されます。
学校の強み弱みを分析し、
今後の取り組みを提案します。

DQ 個人向けレポート
DQ World を学習した生徒個人に発行されます。
個人の DQ スコアや強み弱みを分析し、
今後の取り組みを提案します。

ワークブック

紙でも配布可能なワークブックを用いて、
より深い学習を促して学習効果を最大限高めます。

指導書

DQ World のコンテンツ内容がまとまっています。
授業を円滑に進めるのにご活用いただけます。

アカウントセットアップ

すぐに DQ World を始められるように、
全てのアカウントセットアップを代行いたします。

プレミアサポート

当社チームがお客様のテクニカルサポートや DQ World の進め方に関するアドバイスを行います。
また授業展開についても優先的に支援します。


訪問型 DQ 講座

DQ トレーナーが訪問し、8つのデジタルシティズンシップスキルについて教職員向け、児童生徒向け、保護者向けに
ワークショップを行います。内容はお客様のご要望に沿って柔軟にカスタマイズ可能です。

教職員向け

教職員の皆様に DQ のコンセプトをご紹介し、DQ World の効果的な使用方法や、活用事例について説明します。DQ トレーナーによる 90 分〜120 分のワークショップでは、学習のコツやスケジュールのアドバイス、Q&A なども含まれています。

児童生徒向け

DQ トレーナーによる児童生徒向けの集合型プログラムを実施します。デジタルシティズンシップ 8 つのスキルから、主に 2 つのスキルをピックアップし、事例などを用いたワークショップを実施します。

保護者向け


DQ トレーナーによる 90 分〜120 分 の保護者向け DQ プログラムを実施します。デジタルシティズンシップ 8 つのスキルから、主に 2 つのスキルをピックアップし、事例などを用いたワークショップを実施します。


DQ World を用いた学習効果

シンガポールでは、DQ World を終了することにより平均で DQ Score が 10% 上がり、
ネット上のリスクが 15% 下がるとの研究結果が報告されています。

*学習効果には個人差があります

【DQ Score とリスクの関係】
DQ Worldを通じて、8つのデジタルシティズンシップ能力の測定により合成される数値である DQ Score はネット上の危険にさらされるリスクを可視化します。
例えば、個人情報のシェアのDQスコアが90の場合、自分の個人情報を他人にシェアする可能性が24%あります。
しかし、スコアが100に上がると、リスクが17%まで下がり、さらに、スコアが110以上になるとリスクが12%まで下がります。詳しくはこちらをご覧ください。


推奨年齢

*スマートフォンを持ち始める前(インターネットに本格的に触れる前)の学習を推奨いたします。 


DQ World 3つの特徴

1 . 8つのデジタルシティズンシップスキルを網羅

2 . ゲーミフィケーション
による自律的な学習支援

3 . 児童生徒が作成した
スマホ使用ルールの共有機能


これまでの学習との違い

従来の学習

・狭義のモラル(ネットいじめなど)に限定された学習
・再現性が乏しい事例中心の学習
・負の側面を強調したコンテンツを学習

DQ World を用いた学習

・8つのデジタルシティズンシップスキルを網羅的に学習
・テクノロジーが進化しても変わらない本質的な要素を学習

・テクノロジーの使い手になるための学習


DQ World リソース

DQ World イラスト和訳集

DQ World 各ステージで英語記載のイラストを、
日本語で一冊にまとめた資料です。

ダウンロード

DQ World 8週間のチェックリスト

児童生徒が自分で DQ World の進捗を管理できるシートです。

ダウンロード


導入事例

和光中学校

「日本の子どもたちは、物心ついたときからインターネットやタッチデバイスなどのデジタル機器に取り囲まれて育っています。しかし、オンラインでの適切な振る舞い方については、家庭でも学校でもきちんと教えているとは言えません。DQは、子どもたちがデジタル社会を生きる力を能動的に学んでつけていくプラットフォームと言えるでしょう。」

小池則行氏
学校法人和光学園和光中学高等学校情報科教諭

精華小学校

「オンライン上での、ルール、マナー、モラルを教えなければいけないことはわかっていても、その方法に苦慮していました。
教育現場でも家庭でも同じように危機感を感じています。
教員として、親として、DQに出会えた時にはこれだ!と思えました。」

向井崇博氏
精華小学校広報主任

相模女子小学部・中学部

「高度情報化社会に向けてICT教育を充実させたかった当校にとって、DQは最適な選択肢でした。 今後もDQ学習を続けていきます。DQが学校・保護者・子どもたちの架け橋となるよう期待しています。 」

川原田康文 氏
相模女子小学部 校長

大妻中学高等学校

「DQ Testは実施後すぐに生徒のDQスコアが確認できることが素晴らしいです。8つのデジタルシティズンシップスキル は21世紀を生きる子どもたちにとって非常に価値のある枠組みを提供していると感じました。」

加藤 悦雄氏
情報科・ICTコーディネーター