デジタルシティズンシップ診断テストの受験

インターネット活用を前提とした児童生徒の健全な市民育成支援

デジタルシティズンシップ診断テストは、オンラインで受験することができ、小学生から高齢者まで受験可能な内容となっています。また、受験者は、デジタルスキル、テクノロジーの使用、インターネット上の危険に対する脆弱性のパターンや度合いから、異なる5つのタイプに分類され、テクノロジーを安全かつ責任を持って使用する準備がどのくらいできているかを即時に確認することができます。こうした習熟度は、「デジタルシティズンシップスコア」として表示され、国内および世界平均と比較することも可能です。皆さんも自分の情報モラル・リテラシー・レディネスのレベルを測定してみませんか?

デジタルシティズンシップ診断テストの受験方法

デジタルシティズンシップ診断テストは以下の3ステップで簡単に診断ができます。

1.こちらの診断ページからアカウント登録をする(日本語への切り替え方法は以下の動画をご覧ください)

2.29問の設問に回答する(20分程度)

3.診断結果を確認する

デジタルシティズンシップ診断テストのイメージ

アカウント作成後の開始画面
デジタルシティズンシップ8つのスキルを網羅した選択式の設問が29問出題される

結果ではデジタルシティズンシップスコアと国内とグローバルとの比較が表示される

あなたはどのタイプのデジタル市民か診断してみましょう!

DQスコアの詳細はこちらのページをご覧ください。